にんにく卵黄で不妊が改善される?

にんにく卵黄には、体力回復や免疫力の向上、さらには生活習慣病の予防に効果があるとされており、今や健康食品を代表するサプリメントとなっています。

 

様々な効果を求めて多くの方が愛用してますが、実はにんにく卵黄には不妊にも効果があるとされています。

 

にんにくには、独特の刺激臭の元であるアリシンが多く含まれているのですが、このアリシンには卵黄の持つ資質と結合して脂質アリシンに変化し、ビタミンEと同じような働きを持つことになります。

 

卵黄そのものにも当然ビタミンEが豊富に含まれているのですが、ビタミンEは抗酸化作用や血行促進等の他に女性ホルモンの分泌を促す作用があります。

 

また、にんにく卵黄には亜鉛が豊富に含まれており、この成分は男性・女性両方の不妊に効果があるとされています。

 

男性は亜鉛を摂取する事で、前立腺の動きを活発にして、生殖機能の老化を防止し、 性欲の低下や精子減少を予防します。

 

また女性側も、女性ホルモンの動きを活発化させ、受精卵を着床させやすくする効果があります。

 

これらの成分の効果により、にんにく卵黄は不妊を改善させる効果があると言われているのですが、不妊の原因は人それぞれです。

 

中には医師の適切な治療を受けないと絶対に妊娠しないという体質の方もおられるので、にんにく卵黄一つで妊娠するのを待つというのは少し無謀です。

 

体には良い健康食品なので、毎日の健康維持や、妊娠した時の体力維持を想定して、栄養補助の役割で飲む程度に留めておくようにします。