高血圧だけどにんにく卵黄を飲んでも問題ない?

高血圧は放置しておくと動脈硬化や心臓病、脳卒中などの重大な病気を引き起こすことから、近年では厚生労働省が対策に乗り出すほどの社会的な問題となっています。

 

その原因は遺伝的な要素によるものもありますが、多くは日常のストレスや運動不足、飲酒や塩分の多い食事などの生活習慣がもとになっているため、高血圧の人には特に日頃からの体質改善の努力が不可欠とされています。

 

その体質改善のひとつの方法として、体に良い成分を多く含むにんにく卵黄を継続的に摂取することが挙げられますが、高血圧の人にとっては、こうした栄養補助食品を口にすること自体に不安に感じるケースもあるようです。

 

にんにく卵黄に使用されている素材としては、名前のとおりにんにくと卵黄がありますが、これらは実は高血圧の改善に効果があるとされる成分を多く含んでいます。

 

例えば、にんにくの強いにおい成分であるアリシンには、血管を拡張するとともに、血小板が凝集するのを防ぐというはたらきがあります。

 

そのため、血液の流れをスムーズにし、血栓が血管内に詰まるといった高血圧の問題をクリアにしてくれる効果が期待できます。

 

また、卵黄に含まれているレシチンは、血液中のコレステロール値を下げるというはたらきがあるため、こちらも血液の流れをスムーズにする効果が期待できます。

 

このように、にんにく卵黄には高血圧に伴う体の問題を改善するといった効果が期待されることから、むしろ高血圧に悩む人にこそおすすめしたいものです。