疲れた時に、にんにく卵黄が良いって本当?

疲れたときにはにんにく卵黄を摂ると良いといわれていますが、これは主ににんにく卵黄の主原料であるにんにくに豊富に含まれるビタミンB1とアリシン(アリイン)という2つの成分によるものです。

 

ビタミンB1は糖を代謝してエネルギーを作る際に必要な物質であり、疲労物質である乳酸を分解する際にも使われます。

 

このため、ビタミンB1を積極的に摂取することで、体内でエネルギーの生成をスムーズにするとともに、乳酸の分解を促進して疲れを回復しやすくする効果が期待できるわけです。

 

ところが、ビタミンB1は水溶性ビタミンなので、ビタミンB1をたくさん摂取してもすべて体内で使用されることなく、体外に排出されてしまうので、これだけでは十分な疲労回復効果が望めません。

 

これに対して、にんにく特有の臭いの素でもあるアリシンは、 ビタミンB1と結びつきやすい性質を持っており、体内でビタミンB1と結びつくとアリチアミンという物質が合成されます。

 

アリチアミンは水溶性の物質であるビタミンB1と異なり、水に溶けにくい脂溶性の物質なので、すぐに排出されずに体内に長期間留まります。

 

体内のアリチアミンは、必要に応じて疲れの回復に必要なビタミンB1を供給する役割を果たしてくれるので、ビタミンB1と力を合わせて疲れの回復を促進してくれるわけです。

 

また、にんにく卵黄のもう一つの主成分である卵黄には、代謝機能を高めるビタミンB群や血行をスムーズにするビタミンEなどが含まれてます。

 

この成分は、にんにくの疲労回復効果にさらに高めてくれるもので、にんにく卵黄は慢性的な疲れの解消にお勧めの健康食品といえます。