にんにく卵黄は疲労回復に効く?

近年とみに人気となっているにんにく卵黄は、日々の仕事や家事、勉強などで体に蓄積した疲労を取り去る効果があると期待されているサプリメントです。

 

にんにくが体に良いということは昔から知られていますが、その効果のもとになっているのが、にんにくに含まれているビタミンB1やアリシンなどの成分です。

 

ビタミンB1は、体内で炭水化物を分解してエネルギーをつくり出す過程で必要とされる物質です。

 

にんにく卵黄には、このビタミンB1が豊富に含まれていますので、摂取することで体内のエネルギー代謝を助け、疲労回復につながります。

 

このビタミンB1は、水溶性ビタミンとよばれる水に溶けるタイプのビタミンで、体内に貯蔵されにくく、汗などとして容易に体外に排出されてしまいます。

 

しかし、にんにくの刺激臭の原因にもなっているアリシンは、ビタミンB1と結合すると、アリチアミンとよばれる物質に変化し、消化吸収が高まって体中に蓄えることができるようになります。

 

このように、にんにく卵黄は有効成分であるビタミンB1とアリシンの2つの成分が補完的に働いて、優れた疲労回復効果をもたらします。

 

また、卵黄はにんにくの臭気をおさえるはたらきがあるほか、含有成分であるビタミンA、ビタミンD、ビタミンEやレシチンなどの物質には、疲労回復とともに粘膜の保護、血行の促進などの効果が期待されます。

 

そのるため、にんにく卵黄として組み合わせることで、よりパワーアップされた栄養食品となります。