にんにく卵黄は冷え性に良いって聞いたけど・・・

夏も辛いことですが、本当に辛いのは寒い冬の季節です。

 

冷え性があると、夜に布団に入っても中々体があたたまることがなく、特に足の先などは冷たいことが多くなります。

 

体温が、低いとそれに比例して体の免疫力も下がります。冷たいだけでなく、健康にも影響が出てきます。

 

その対策に、にんにく卵黄が注目されています。

 

冷え性の対策として、にんにく卵黄がいいのには理由があります。

 

まず、冷え性には筋肉を作ることです。

 

そのために、にんにく卵黄に含まれる卵黄は多くの良質のタンパク質を含んでいます。

 

このタンパク質が、筋肉を作る際にはとても必要です。

 

そして、大切なことは血流の流れを良くすることです。

 

成分にある、アリシンには、血行をよくする作用があります。これが、血流を改善します。

 

それで、足の先までも血行がよくなります。

 

硫黄化合物がにんにく卵黄に含まれていて、血液の流れがスムーズにしてくれます。

 

血の流れがよくなると、全身に熱が行き渡って冷え性改善に効果が働きます。

 

そして、ストレスも冷え性には悪い影響を与えます。

 

その対策に、自律神経を整えることです。自律神経を整える効果がにんにく卵黄にあります。

 

毎日、服用するだけで体質改善ができます。

 

寒い冬が来る前から、にんにく卵黄を服用して体質改善をしていくことです。

 

また、にんにく卵黄は肌荒れを予防する効果など、たくさんの効能があります。

 

男性が、飲むイメージがありますが多くの女性が服用してます。